脱毛の痛さはどのくらい?

きれいな肌で、水着や下着のおしゃれを楽しんだり、流行のノースリーブやミニスカートを楽しんだりするときに欠かせないのがムダ毛のお手入れです。

ムダ毛が目立ちにくいつるつるの肌になるために脱毛をする人が増えてきており、最近では、ムダ毛を脱毛することがおしゃれの一部として当たり前になってきているので、渋谷で口コミで人気の脱毛サロンやクリニックに通って、きれいな肌を手に入れる人が増えてきています。

サロンで施術を受ける際の痛みは、ゴムでぱちんとはじかれた程度

ムダ毛の脱毛は、黒い色に反応して熱を発生する特別な周波数の光を使って行います。

ムダ毛を脱毛したい部分の肌に光をあてることで、ムダ毛の毛根部分に密集している黒い色のメラニン色素を光を反応させ、発生した熱で毛根にダメージを与える仕組みです。

痛さが気になると思いますが、サロンで施術を受けるときに良く聞くのが、ぱちんとゴムではじかれたような痛さという表現です。

一瞬、熱さや痛みを感じる人がいますが、はじめのうちだけで、毛根がダメージを受けてメラニン色素が少なくなってくるとそれほど痛さを感じない人が多いようです。

クリニックの機械は使用するパワーが強いので多少痛みを感じやすい

クリニックでの脱毛では、使う光のパワーが強いため、痛みを強く感じる人もいますが、麻酔クリームを塗ったり、強力な冷却装置がついていたり、痛みに配慮されているので、苦痛を感じることがない場合が多く、ほとんど気にならない程度の痛みというのが最近では一般的です。

サロンでも事前に冷却ジェルを塗ったり、冷たいタオルで肌を冷やしてくれたりするため、痛みをおさえる配慮がされています。

カミソリで毛を剃るより脱毛サロンの処理が綺麗です

脱毛目的で毛をT字カミソリで剃るとカミソリによって皮膚が反応して、皮膚が赤みを生じてしばらくするとかゆみを伴ったりする場合があります。

カミソリによる処理は感染症を起こしてしまうことも

かゆみがあるので皮膚をかくと皮膚がぽつぽつとした湿疹ができてしまい、放置しておくとそこから出血をして炎症がおこり、さらには感染を起こしてしまう場合もあります。

そうなってしまうと自己処置では悪化する可能性があるので、病院で診てもらう必要があります。感染を起こしてしまった皮膚は簡単には治癒しないのでしばらく病院で治療する必要があります。

自己処理によりカミソリで剃る行動では、皮膚トラブルや処理の後の皮膚が黒ずんだり、ガサガサしたりとあまり綺麗なものではありません。

せっかく処理をしても皮膚の状態が綺麗ではないので肌を露出する服が着れないなどの場合もあります。

サロンには専門のカウンセラーがいるので電話でも相談を受けてくれます

その点、脱毛サロンで処理してもらうと、各個人の皮膚の状態や毛の発育の状態を見ながら脱毛をしてもらえるので、処理した後の皮膚はさらさらしていて綺麗になり、自己処理により毛穴の開きなども改善してきます。

また黒ずんだ皮膚もだんだんと改善していくので、夏場などの解放感のある洋服でも恥ずかしくありません。脱毛サロンでは専門のカウンセラーがいるので日ごろのムダ毛の悩みなども相談できます。ほとんどのところは通う前の電話相談は無料で行ってもらえるので安心です。

お値段もお店によっていろいろなプランが用意されているので心配なく通う事ができます。