レーザー脱毛はほくろの部分もできるのか

脱毛の方法は様々なものがありますが、永久脱毛できるのは医療機関で行なわれている医療用レーザーを利用したレーザー脱毛だけです。

そのため、この方法で行いたいと思う人も多いと思いますが、心配な事のひとつがほくろの部分もできるのかということだと思います。

みんなが通っている!渋谷にあるおすすめ脱毛サロンランキングはココ

ほくろやシミへの照射は火傷してしまう可能性も

レーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応する性質のは翔のレーザーを皮膚に照射することによって、毛母細胞を壊すことによって処理していく方法です。

皮膚表面にダメージを与えないというメリットがありますが、黒色に反応してしまうためほくろやシミといった部分に照射してしまうとトラブルが引き起こされてしまうことがあります。

基本的に、黒い色素に反応するため毛だけではなく、ほくろやシミ、にきび跡などの色素沈着がある部分に反応してしまいます。

小さなものや色が薄い場合には色が薄くなったり消えてしまうこともありますが、大きかったり色が濃い場合には炎症してしまったり、火傷する可能性があるため注意が必要です。

薄いものなら照射すると逆に消えるケースもあります

医療機関での対処の仕方としては、小さかったり色が薄い場合にはそのまま照射してしまいます。ほとんどの場合には色が薄くなったり、消えたりします。

大きかったり、色が濃い、残しておきたいという場合には、白いシールを貼って保護をしてから照射していきます。

こうすることで反応することがなくなり、火傷などのトラブルを避けられます。ほくろの部分の毛が気になるという場合には、医師に相談することが必要です。

レーザー脱毛が痛い場合の対処

レーザー脱毛は、効果が高い分だけ痛みが伴います。「あまり痛みがない」とインターネットのホームページ上などで宣伝しているクリニックなどがありますが、ある程度の刺激は発生します。

黒色にだけ吸収される光を照射することによって、毛包細胞を破壊することによって体毛が生えてこなくする処置であるため、痛みが発生するのは自然と言えます。今回は、痛みへの対象法などをご紹介します。

まずはカウンセリング時に痛みに弱いことをきちんと相談する

最初のポイントは、カウンセリングの際に「痛いことに弱いため、刺激をできるだけ小さくしてほしい」ときちんと伝えることです。

最近は、痛みの少ない体毛処理方法を行うクリニックが増えており、それを売りにしているところが登場しています。

さまざまなエステティックサロンもサービスを行っていることから、競争が激しくなっており、刺激が少ない施術を行うクリニックが増えています。

施術中に痛みを感じた時も遠慮なくスタッフに伝えよう

また、施術を行う部位によって痛みの度合いは変わってきます。肌の色や体毛の大きさなどによっても痛みは違いますが、施術を受けているうちに痛みや刺激は減ってくる傾向にあります。

施術を行っている最中に痛みを感じた場合は、「痛い」遠慮なくそのことを伝えることも重要です。

激しい痛みの時は麻酔を使用してくれるクリニックもある

痛みがあまりにも激しい場合は、麻酔などの処置を行ってくれるクリニックもあります。

麻酔をした上でレーザー脱毛を行えば、痛みを感じることが少なくなり、快適に施術を受けることができます。無料で麻酔を行ってくれるところもあります。