脱毛サロンで施術する時のトライアングル上とは

VIOラインが毛深いと、セクシーなビキニやショーツをはけないという女性も多いです、VIOラインをカミソリなどで自己処理をする人もいますが、VIOラインは他の部位よりも毛質が硬く毛根が深いのでとても自己処理をしにくい部位です。

無理に自己処理をしようとすると、皮膚を傷つけて雑菌が性器や肛門に入りこむので気をつけなければいけません。

安全にVIOラインのむだ毛処理をしたいならば、プロのいる渋谷の脱毛エステサロンに通いVIO脱毛を任せるといいでしょう。サロンによってはVIO脱毛の範囲も大きく違うので注意が必要です。

施術を受ける前に施術範囲を確認しておくことが大切

施術範囲をしっかり確かめておかないと、自分のむだ毛が気になる部位が施術できないので、後で追加で施術をすることになります。

一般的には、VIO脱毛というと、VラインやIラインOラインだけというサロンも多いですが、中にはトライアングル上やトライアングル下など、細かい部位も施術できるので、セクシーなビキニやショーツをはく時でも安心です。

トライアングル上や下とⅤラインは違うのかと疑問に感じる人もいますが、Vラインの中にトライアングル上や下が含まれていることが多いです。

よくわからない時はサロンスタッフに確認すると、わかりやすく説明してくれます

サロンでトライアングル上などの範囲がよくわからない時は、カウンセリングでしっかり範囲を確認するといいでしょう。

サロンではVラインプレートを用意している所もあります。Ⅴラインプレートをあてて、トライアングル上などの施術範囲を説明してくれるサロンもあるので、とてもわかりやすいです。

脱毛する時は粘膜まで処理してくれるところを利用しましょう

脱毛で人気の箇所と言えば脇や膝ですが、最近人気急上昇中なのがデリケートゾーンです。いわゆるVIOラインの処理で、気になる臭いを軽減できるメリットもあります。

ただ、VIOを処理する場合、気になるのが粘膜まで処理してくれるのかどうかです。デリケートゾーンを脱毛する場合、粘膜までしっかりしてくれるかどうかは店舗によって異なります。

粘膜はサロンでの処理が難しい部分なので対応できないサロンもある

どこまでできるかはサロンやクリニックによって違いがあるので、利用する場合は事前の確認が大事です。

サロンの場合、医療機関ではないので、できるだけ安全に配慮してデリケートゾーンを処理するよう心がけています。粘膜部分は非常にデリケートな部位になるので、サロンでは難しい部分と言えます。

ただ、サロンによっては、ギリギリまでならしてくれるところはあります。

クリニックなら粘膜のデリケート部分までも積極的処理してくれます

一方、クリニックの場合、医師の下、医療レーザーで適切に処理できるので、肌がデリケートな箇所でも積極的に行うことが可能です。

VIO脱毛する場合、処理が気になるのであるなら、優秀なサロンやクリニックを選ぶことです。

サロンでオススメなのはミュゼプラチナムで、ハイジニーナ7VIO脱毛コースがあるのでしっかり処理してくれます。トライアングル上下とIライン、そしてヒップ奥やへそ下、Vライン上とVラインなど7箇所を幅広く手入れしてくれるので安心です。

クリニックならVIOラインが得意なアリシアクリニックがオススメで、デリケートな粘膜も含めて安全に施術してくれます。